お酢は健康効果や食品の防腐や抗菌効果も

子供の頃に酢を使った料理やお酢をのむと“体や骨が柔らかくなる”ということを、まこと密かに信じていましたが、実はこのこと自体は迷信のような事だったのです。 ただ、料理を作る際に、お酢は肉料理の肉を柔らかくする働きがあるというのは本当のことですが、この事が人間の身体の筋肉や筋肉のコリを和らげるものとして錯覚したのかもしれないですね。

いずれにしても、体そのものが柔らかくなるわけではないが、ただ、医学的にも「お酢」には血管を拡げたり血行を良くしたり改善するとされる効果はあるとされています。 又、お酢にはサッパリ感や爽やか感で疲労回復の効能もあるとされていて、栄養面から女性の美容面の効果もあるとといわれていて、お酢というのは人の健康面でも様々な可能性を秘めているとされ、その為に健康食酢や料理酢や調味料としても重宝がられています。

又、お酢にはその他にも代表的な働きとして食品の防腐効果や抗菌効果があり、大事な食べ物の痛みを和らげたり防止する効果もあります。 又、お酢に浸しておくと、殆どの菌は死滅することが判っていますし、お野菜やお魚を洗う時には薄めた酢の水で洗うと雑菌の増殖を防ぐとも言われています。